/

からくり仕掛けが生む 京くみひも、和装もストラップも

LBSローカルビジネスサテライト

糸を巻き付けた複数のボビンが、右に左に、時には交差しながら素早く動き回る。60年以上前から使っている機械も並び、むき出しの歯車がかみ合う。京都の伝統工芸品である「京くみひも」ができあがる現場はからくり屋敷のようだ。複雑かつ繊細に糸を組み上げ、織物や染め物の文化と相まって色彩は優美。和装が主流だった時代には着物の帯締めなどとして広く使われ、アクセサリーや靴ひもなど現代に合わせた用途にも今では展開する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞とTXN系列5局(テレビ大阪、テレビ愛知、TVQ九州放送、テレビ北海道、テレビせとうち)による動画コンテンツ「LBSローカルビジネスサテライト」。躍動する地域経済と地方企業の取れたてニュース・トレンドを各地のリレー方式で発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン