/

塩野義製薬、12~19歳対象にコロナワクチン治験開始

塩野義製薬は16日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、12~19歳の青少年を対象にした臨床試験(治験)を始めたと発表した。「オミクロン型」の流行以降、低年齢層の感染者数も増加している。今後5~11歳の小児を対象にした治験も始める予定だ。

12~19歳の350例を対象に追加接種と初回接種の両方で、安全性と有効性を確認する。塩野義は新型コロナ向けワクチンで最終段階の治験を進めている。手代木功社長は11日の記者会見で「遅くとも6~7月には承認申請したい」と述べた。小児や青少年向けも開発を進めることで、幅広い世代に対応できるようにする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン