/

シャープ、コンビニ複合機で書類をクラウド保存

コンビニの複合機で書類を電子化しクラウド上に保存する

シャープは16日、企業など法人向けにコンビニエンスストアの複合機で書類を電子化し、クラウド上で保存するサービスを始めると発表した。データ共有用のURLを発行し、社内や取引先などが書類を閲覧できるようになる。

同社が複合機を納入するローソンやポプラグループ、ファミリーマートの合計約3万店で利用できる。ローソンとポプラグループは16日から、ファミリーマートは7月中旬にサービスを始める。従来は複合機で書類を電子化した後、USBメモリーなどにデータを保存していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン