/

車椅子の列車乗降スムーズに JR西日本が自動スロープ

JR西日本は17日、車椅子などの利用者向けに駅のホームと列車を自動で結ぶスロープを開発したと発表した。ホームと列車の乗降口との距離や高さの差をセンサーが検知し、到着した車両に合わせてスロープの角度や長さを調整する。桜島駅(大阪市)で21日から試験し、実用化を目指す。

JR西によると、距離と高さを自動で調整するスロープは国内の鉄道で初めて。現在は利用者の要望を受けてから駅員が取り外し可能なスロープを手で置くため、時間がかかっている。長谷川一明社長は17日の記者会見で「雨や雪でセンサーの感度に支障がないかなども検証し、利用者にストレスがないようにしたい」と話した。

新しいスロープはホームの床に埋め込む。列車が到着すると、スロープの先端についたセンサーが車両との距離と高さを計算して板を伸ばす。スロープの横幅は3.6メートルで電車の停車位置がずれても使えるという。桜島駅では列車の乗降口1カ所にあわせて設ける。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン