/

この記事は会員限定です

「命名権」に値ごろ感 歩道橋なら年5万円も

おカネ知って納得

[有料会員限定]

関西のネーミングライツ(命名権)といえば、サッカー場の「パナソニックスタジアム吹田」(大阪府吹田市)などが有名で、年間の契約額が1億円以上にのぼることもざらだ。だが最近は中小企業でも取得できる、10万円前後の値ごろな案件が出てきた。

その代表格が歩道橋だ。大阪市建設局によれば、JR大阪駅と阪急・阪神の梅田駅を結ぶ梅田新歩道橋が年600万円(税込み、以下同じ)、大阪・阿倍野の阿倍野歩道橋が年135...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り703文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン