/

この記事は会員限定です

大阪市のホテル稼働率41.6% 10月、休業施設再開で改善

[有料会員限定]

日本経済新聞社がまとめた大阪市内の主要13ホテルの10月の平均客室稼働率は41.6%で、前月から13.3ポイント伸びた。新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除されて一部の休業施設が営業を再開したため。政府の観光需要喚起策「Go To トラベル」で予約が伸びていた前年同月と比べると7.7ポイント低かった。

阪急阪神ホテルズは大阪新阪急ホテルなど休業していた施設を10月から再開した。緊急事態宣言を受...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン