/

未明の被災地で広がる祈り 熊本、2度目激震から5年

熊本、大分両県で災害関連死を含め計276人が犠牲になった熊本地震は16日、2度目の激震「本震」の発生から5年を迎えた。「いち早い復興を」。被害の大きかった熊本・阿蘇地域や益城町では、住民らが午前1時25分の発生時刻に祈りをささげた。

大和晃さんが犠牲になった阿蘇大橋の崩落現場付近を訪れ、線香を上げる父、卓也さん㊧と母、忍さん(16日未明、熊本県南阿蘇村)=共同

熊本県南阿蘇村の黒川地区では、近くにあった東海大農学部に通う学生3人がアパートの倒壊で亡くなった。冷たい風が吹き付ける中、午前0時すぎ、卒業生の橋村さくらさん(26)が在学生8人と共に現場のアパート跡地を訪れ、静かに手を合わせた。

犠牲者と面識があった橋村さん。「地震が過去の記憶になっていく。どうすれば彼らが生きられたのか、考えてほしい」と後輩に語り掛けた。

村内にある阿蘇大橋のたもとでは、車ごと土砂崩れに巻き込まれて亡くなった大学生、大和晃さん(当時22)の両親らが飲み物や菓子を供えた。

熊本県益城町の木山仮設団地で、本震の発生時刻に合わせ、黙とうする人たち(16日未明)=共同

今も被災者152人(3月末現在)が身を寄せる同県益城町の木山仮設団地。竹灯籠にともされた明かりが、集まった十数人を包んだ。

「大変な時に助け合ったみんなの元気な顔が見られ、安心した」。約3年8カ月間団地で暮らし、災害公営住宅に移った女性(75)も発生時刻に黙とう。女性は「いち早い復興を祈るだけです」と話した。

蒲島郁夫知事は16日の復旧・復興本部会議で「誰ひとり取り残さないという決意で復興に取り組む」と述べた。県警は早朝、震度7の地震が再び襲ったとの想定で救出訓練をした。

この1年でJR豊肥線の肥後大津―阿蘇間、国道57号がそれぞれ復旧。架け替えられた新阿蘇大橋が開通した。

転入支援で人口減歯止め 益城町、子育て世代手厚く


2016年4月の熊本地震で、観測史上初めて2回の震度7を記録した熊本県益城町が被災の教訓を生かした街づくりに挑んでいる。「想定外」の大地震で、町では災害関連死を含め計45人が死亡。住宅の約99%が損壊した。だが地震後はインフラ復旧に加え、財政難の中でも子育て世代の転入支援に注力。人口減に歯止めをかけた。識者は復興事業で「町の魅力が向上した」と分析する。
 熊本県益城町の災害公営住宅(14日)=共同
「マニュアルがなく、当初は災害対策本部からの指示もない。どう動いたらいいか分からなかった」。益城町の石橋淳住まい再建支援係長(53)は、16日未明に2度目の激震「本震」に見舞われた当時を振り返った。12年度に耐震補強を終えていた役場庁舎には無数の亀裂が入り、非常用電源も破損。町は早々に指揮機能を失った。
指定避難所の町保健福祉センターには約900人が押し寄せ、野宿者も出た。携わる職員はわずか二十数人。「備蓄食料も全く足りなかった」(石橋係長)という。
地震前は、隣接する熊本市のベッドタウンとして人口が増加傾向だった。だが、16年3月に3万4499人だった人口は地震後、徐々に減少。町は仮設住宅の整備を急いだが下げ止まらず、19年3月には3万2837人に減った。災害復旧費が膨らみ、町の借金である地方債の残高は20年度末で約451億円に膨らんだ。
それでも町は人口増を重点目標に掲げ続けた。ある町幹部は「人口が減れば町は持続できない。子育て支援は減らせない」。財政が逼迫する中、被災前から続く中学生以下の医療費無償化や、転入する親子への新築住宅の購入補助(100万円)の施策を維持した。
 道路拡張の工事現場(12日、熊本県益城町)=共同
人口は20年3月、上昇に転じ、3万3128人に回復。若い親子世代が増加し、町住民課は「街づくりや子育て環境が評価された」と手応えを感じている。
町は避難所運営マニュアルを策定した他、震度7にも耐える新庁舎を建設中だ。道が細く、入り組んでいた町の区画整理や道路の拡張も急ぐ。
熊本大の柿本竜治教授(公共政策論)は「道路が狭いまま、どんどん宅地が造られた」と過去の益城町の都市開発が災害リスクを高めたと指摘し、現在の取り組みを評価。その上で「コンパクトな街づくりで災害対策コストを軽減する必要がある」と強調した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン