/

近畿の輸出額、5月33.2%増 3カ月連続増加

大阪税関が16日発表した5月の近畿2府4県の貿易概況によると、輸出額は前年同月比33.2%増の1兆3832億円と3カ月連続で前年実績を上回った。中国向けが引き続き堅調に推移したほか、景気が回復傾向の米国や欧州向けも大きく増加した。

輸出品目では、建設用・鉱山用機械が住宅需要の旺盛な米国向け中心に80.4%増の450億円だった。ゲームソフトなどの遊戯用具は、物流が停滞した昨年の反動増もあり、3.5倍の210億円で、5月としては過去最高。米国や欧州向けがけん引した。

地域別では、中国を含むアジアが26.1%増の9358億円で、半導体等製造装置や非鉄金属が大きく伸びた。米国は66.0%増の1897億円で、欧州は45.2%増の1402億円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン