/

この記事は会員限定です

地元企業と学生、ものづくりで協働 近畿大学

キャンパス探訪

[有料会員限定]

近畿大学が2021年4月に東大阪キャンパス(大阪府東大阪市)に開設した「ザ・ガレージ」は、地元企業と学生、教職員が共に製品やサービスの開発に取り組む拠点だ。素材や機械などの約35社が会員になり、大学からは約1500人が参加。山本裕之アカデミックシアター学生センター室長は「学生がアイデアをものにする経験を積める」と狙いを語る。

施設は工作エリア、展示エリア、交流エリアの3部分に分かれる。中核となる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン