/

事務局長と共に署名偽造 愛知知事リコール、元幹部証言

愛知県知事のリコール運動を巡る署名偽造事件で、運動事務局の元幹部で15日に同県常滑市議を辞職した山田豪氏(52)が16日、共同通信の取材に、事務局長の田中孝博元県議(59)と共に偽造に関与したと証言した。同一筆跡とみられる署名が書かれた署名簿に自身の指印を複数回押したという。「深く反省しており、おわびしたい」と謝罪し、県警の捜査に全面的に協力する姿勢を示した。

似た筆跡で複数人の氏名が書かれた署名簿のコピー(一部画像処理しています)

2月に署名偽造疑惑が発覚して以降、運動事務局の関係者が関与を認めたのは初めて。田中氏は同日「山田氏の証言が正しいかどうかは答えられない。彼の真意が分からない」と話した。

山田氏によると、県内の大半の自治体で署名集め期間が終了した翌日の昨年10月26日、田中氏から「大量の署名簿が来るので、押印作業が必要になる」と告げられ、同月末から11月上旬にかけて500枚ほどの指印を押した。「署名簿は九州から運ばれた」とも説明されたといい、田中氏自身も指印を押していたと証言した。

リコール運動を巡っては、名古屋市の広告関連会社が運動事務局の指示でアルバイトを集め、佐賀市内の貸会議室で他人の署名を書かせた疑いが浮上。愛知県警が地方自治法違反容疑で捜査している。

リコール運動事務局が入っていた建物へ家宅捜索に入る愛知県警の捜査員(3月、名古屋市)=共同

山田氏はリコール運動を主導する「請求代表者」の一人で、署名を呼び掛ける街宣活動などに従事した。当初は不正への関与を否定していたが、2月末に県警の事情聴取を受けて以降は「お話しできない」としていた。

運動を支援した名古屋市の河村たかし市長は16日、報道陣の取材に応じ「(不正に)全く気付かなかった。気付いていたらすぐにやめさせていた」などと自身の関与を重ねて否定した。

「500枚に指印押した」 事務局元幹部の一問一答


愛知県知事のリコール運動を巡る署名偽造事件への関与を認めた運動事務局元幹部、山田豪氏の一問一答は次の通り。
――偽造に関与したか。
「田中孝博事務局長の指示で、同一筆跡とみられる署名が書かれた署名簿に指印を押した。深く反省しており、おわびしたい」
――署名簿はどこでつくられたものか。
「『大量の署名簿が九州から届く』と田中氏から告げられた」
――具体的に何をしたのか。
「名古屋市内の公共施設で500枚ほどの署名簿に指印を押した」
――田中氏も関与したのか。
「5本の指に朱肉を付けて自分でも押していた」
――他に関与した人は。
「他人のことは言えない」
〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン