/

この記事は会員限定です

大阪・関西万博へ脱炭素バス導入相次ぐ FCVやEV

[有料会員限定]

SDGs(持続可能な開発目標)を重視する2025年国際博覧会(大阪・関西万博)を3年後に控え、関西で脱炭素バスの導入が進む。大阪シティバス(大阪市)は燃料電池車(FCV)の運行を開始。京阪バス(京都市)などは電気自動車(EV)を活用する。大阪府はクリーンな移動手段として万博までに約100台の脱炭素バスの導入を目指すが、インフラやコストなど課題も多い。

大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)傘下の大阪シ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2025年に開催される大阪・関西万博のニュースや特集をまとめました。参加国やパビリオン、地元の盛り上がりなど、最新情報を読めます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン