/

この記事は会員限定です

うめきた2期、データ活用の実験場に オリックス

うめきた2期 事業者に聞く㊤ 高橋豊典・グループ関西代表

[有料会員限定]

JR大阪駅北側の再開発エリア「うめきた2期」で、イノベーション施設などが入る北街区が2024年の先行開業に向けこのほど着工した。関西のスタートアップ育成や新産業創出をけん引する拠点をどのように形成していくか。事業を主導する企業グループのトップに聞いた。初回はオリックスの高橋豊典グループ関西代表。

――「うめきた2期」の開発事業者9社の中でオリックスグループの役割は。

三菱地所と阪急電鉄、オリックス不動産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン