/

近畿の8月の輸出入額、過去最高に 大阪税関

大阪税関が15日発表した8月の近畿2府4県の貿易概況によると、輸出額は前年同月比16%増の1兆7589億円だった。リチウムイオン電池の原料となる無機化合物などが全体を押し上げた。輸入額は40%増の1兆8276億円で、輸出入額とも8月としては過去最高となった。

輸出では原材料価格の高騰が輸出額の拡大につながっており、中国向けの非鉄金属や半導体等製造装置も増加した。円安・ドル高に伴い、輸入では原油や石炭などエネルギー関連で増加が目立った。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は688億円の赤字で、2カ月連続で貿易赤字となった。

関西セクショントップページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン