/

この記事は会員限定です

国内初「核融合発電」の新興起業、京大発で 小西哲之氏

きらり感彩人

[有料会員限定]

超高温下で海水に含まれる重水素など1グラムで石油8トン分のエネルギーを生む――「夢のエネルギー」といわれる核融合発電のスタートアップを国内で初めて創業した京都大学特任教授の小西哲之(さとし)さん(65)。支えるのが約40年にわたる核融合研究者としての豊富な知識と経験だ。「厳しい戦いだが、人類の持続可能なエネルギーサイクルを構築したい」と意気込む。

2019年10月発足の京都フュージョニアリング(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り692文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン