/

シャープのプラズマクラスター、接触感染防止に効果

シャープは15日、イオンを発生させる独自技術「プラズマクラスター」が地面などに付着した唾液に含まれる新型コロナウイルスの抑制に効果があることを確認したと発表した。接触感染を防ぐ効果が期待できる。今後は実際の使用条件に近い環境での検証も進める。

同社によると、イオンで付着ウイルスへの効果を検証したのは世界で初めて。島根大学や明海大学、京都工芸繊維大学の教授らと共同で実験した。湿度約60%の環境下で、新型コロナウイルスを含んだ唾液に高濃度のプラズマクラスターを約2時間照射した。照射していない唾液と比べ、感染性を持つウイルス粒子の数が99%以上減少した。変異ウイルスの英国型(アルファ型)にも効果があるとみられる。

研究では、新型コロナ対策で湿度を上げることで飛沫拡散を抑制する一方、地面に落下する飛沫も増えることも分かった。島根大学の吉山裕規教授は「飛沫感染と接触感染は新型コロナウイルスの二大感染経路だ。プラズマクラスターは両方に対応でき、他の変異ウイルスにも効果が期待できる」と話す。

シャープは2000年からプラズマクラスターを搭載した家電を発売し、22年3月期末までに累計1億台の販売を計画している。20年9月にはプラズマクラスターが空中に浮遊する新型コロナウイルスを不活性化できる研究を発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン