/

大阪のIT企業エコービジネスソフト、和歌山市に新拠点

富士通製の業務システム開発と導入支援を主軸とするIT企業、エコービジネスソフトウエア(大阪市)が2023年春、和歌山市に新オフィスを開設する。中小企業や個人商店のDX(デジタルトランスフォーメーション)と、それに関連するソフトウエアの導入支援業務を展開する。

同社の伊賀上貴雄代表取締役が15日、和歌山県庁で和歌山県・和歌山市と進出協定に署名した。和歌山オフィスは23年4月、和歌山市駅近くのサテライトオフィス「kinowa(キノワ)」内に開設する予定。3年間で地元から正社員7人を雇用する計画で、既に2人の採用が決まったという。和歌山市が整備したキノワへの初入居企業となる。

和歌山進出に伴い、新たに策定した「和歌山×ECHO IT推進プロジェクト」に取り組む。ITを活用した業務効率化と生産性向上、ECサイトによる販路拡大などを進めるが、アナログの方が適した業務はそのまま残し共存させるなど、中小企業や個人事業主に配慮した課題解決をめざす。

関西セクショントップページはこちら

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません