/

この記事は会員限定です

ぷっくり大粒、大阪産カキの秘密 ビジュアルで迫る現場

現場探究

(更新) [有料会員限定]

大阪湾の泉州沖で育ったカキの身は大粒でぷっくりしている。工場や家庭の排水が海を汚した高度成長期には養殖に適した環境とはいえなかったが、半世紀を経て海は生まれ変わった。

【LBSローカルビジネスサテライトの動画をこちらに】

関西国際空港の南に位置する西鳥取漁港(大阪府阪南市)。舟で5分ほど沖へ出ると、ぽつりぽつりと水面に浮かぶいかだが見えてくる。ホタテの殻をくくり付けたロープが海中に沈められており、殻に付いて育つゴツゴツとした岩のようなものがカキの稚貝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1006文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン