/

田中浩二氏が死去 元JR九州社長

田中 浩二氏(たなか・こうじ=元JR九州社長)8月11日、腎臓がんのため死去、84歳。連絡先は同社総務課。告別式は近親者で行った。喪主は妻、芳美さん。

1997年に社長に就任し、自動改札機の導入など鉄道事業の収支改善に尽力。駅ビルなど事業開発部門の基礎も築いた。2005年から5年間、九州7県と経済団体などが設立した九州観光推進機構(現九州観光機構)の初代会長として、九州の観光振興にも取り組んだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません