/

京都のホテル、家族向けに斬新プラン お化け屋敷も

「ザロイヤルパークホテル京都梅小路」は鉄道ファンの子ども連れの家族を想定して専用の部屋を準備した

新型コロナウイルス禍で苦境に陥る京都のホテルが家族向けに斬新プランを相次いで打ち出す。3月に開業した三菱地所系のホテル「ザロイヤルパークホテル京都梅小路」(京都市)は近隣の京都鉄道博物館(同)を訪れる客層をターゲットに、鉄道グッズであしらった客室を販売。ほかにもビジネスホテルが施設の一部をお化け屋敷に見立てるイベントを催すなど、独自性を打ち出して集客を目指す。

ザロイヤルパークホテルは鉄道ファンの子ども連れの家族を想定して、新幹線のパネルや電車柄の抱き枕などで部屋全体を装飾した「鉄道ルーム」を2室用意した。特典で鉄道グッズがもらえるほか、徒歩2分の距離にある鉄道博物館の入場券などを付けて通常プランと近い価格帯に設定。23日から販売、9月末まで宿泊可能で引き合いが強ければ続けていくという。

再整備が進む梅小路は水族館や博物館などが集まる家族連れや観光客に人気のエリアで、20年度はホテルの新規開業が相次いだ。

世界遺産・二条城の周辺のビジネスホテル「京都堀川イン 二条城前」(同)は1フロアをお化け屋敷会場として宿泊者以外でも参加できるイベントを5月21日~23日に開催する。近隣ギャラリーと連携し、京都ゆかりの妖怪らが登場する仕掛けを施した。お化け役などはボランティアで10人ほど募集。小学生以下と大人向けのコースを用意して家族全員で楽しめるようにした。

施設から徒歩圏内にある京都国際マンガミュージアム(同)とも連携しスタンプラリーを開催する。「宿泊はいま厳しいが、施設を有効活用して地域を盛り上げたい」(京都堀川イン)として企画した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン