/

大阪市、市立中学・高校の部活動を原則休止へ

記者会見をする大阪市の松井一郎市長(15日、大阪市役所)

大阪市は15日、市立中学・高校の部活動を原則休止とすることを決めた。松井一郎市長が定例記者会見で明らかにした。大阪府の14日の原則休止要請に準じた対応で、期間は16日から5月5日まで。

松井氏は「休止の期間は部活の説明やオリエンテーションをして、1年生がゆっくりと部活を選択できる機会にしてほしい」と話した。一方、適切な距離が保てて飛沫感染の心配がない部活動であれば従来通り実施できるうえ、学校が必要と判断した場合には感染対策をしたうえで部活動を行えるという。

また、市は市立の幼稚園・小・中・高校において、修学旅行や遠足などの校外活動を5月16日まで延期・中止にする方針も明らかにした。これまで宿泊を伴う校外活動は5月5日まで訪問先の同意を得たうえで実施することとし、それ以外の校外活動は中止・延期するよう各校に通知していたが、対応を強化する。

府は14日に開いた新型コロナウイルス対策本部会議で、15日から5月5日まで、府内の小中高校に対して部活動の原則休止を要請することを決めていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン