/

料理宅配団体と京都市が連携、交通安全を徹底 全国初

京都市と京都府警は15日、料理宅配の業界団体である一般社団法人「日本フードデリバリーサービス協会(JaFDA)」と交通安全に関する連携協定を結んだ。料理を宅配する自転車などを巡り交通トラブルが市内では見られ、安全を徹底し配達員の地域貢献も進める。

市や府警は協会の会員企業の自転車配達員を対象に交通安全講習を定期的に開く。29日に第1回を開く。JaFDAと自治体が交通安全についての連携協定を結ぶのは初めて。配達員の危険運転などを指摘する声が市民から寄せられているのを受け、京都市が呼びかけた。

JaFDAは2月設立で、交通安全や就業関連のガイドラインなどを策定している。国内で展開する料理宅配事業者のうち14社が参画し、京都市内では5社が事業を展開する。共同事務局の西村健吾氏は「市場が拡大する中で課題が顕在化した」と指摘。連携によってより安全な交通を目指す。

料理宅配事業者は配達員に対し、道路や公園などの損傷を投稿する京都市のアプリ「みっけ隊」への登録も呼びかける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン