/

パナソニック、電池再利用で中国企業2社と提携

パナソニックは電気自動車(EV)用電池の再利用やリサイクルで、電池リサイクルの広東光華科技、車載電池交換サービスの奥動新能源汽車科技(オウルトン)の中国2社と提携した。パナソニックの技術を使って電池の状態を分析し、EV電池を貸し出したり使用済み電池を再利用したりする仕組みを検証する。ソフトウエアを使った電池関連の新規事業を探る。

電池は充放電を繰り返すうちに劣化し、電気の容量が減る。パナソニックは電池の劣化度合いを調べ、走行可能な距離を計算したり寿命を推定したりするシステムを手がけている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン