/

この記事は会員限定です

大阪府の高校就活、改革道半ば 「確実な就職」に配慮

[有料会員限定]

高校生の就職活動で、大阪府は2022年度から複数応募の解禁に踏み切る。1人1社に限定していた従来より生徒が企業を選びやすくして、ミスマッチによる早期離職を防ぐのが狙いだ。ただ企業が高校を指定する指定校求人を除外するなど、改革は小幅にとどまる。大学生のように完全に自由にすると、内定を得られない生徒が増えるという懸念が背景にある。

「実質的には、あまり変わらないだろう」。大阪府中小企業家同友会の山田...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン