/

奈良県、民間病院に病床確保を要請 法改正後で初

(更新)
感染症法に基づき、民間病院に専用病床の確保を要請した(奈良県庁)

奈良県は15日、2月施行の改正感染症法に基づき、県内のすべての民間病院に対して新型コロナウイルス感染者を受け入れるよう要請したと発表した。同法に基づく要請は全国で初めてとなる。同県でも感染が広がっており、患者の受け入れ態勢を整備する。

同法では医療機関が知事の要請に正当な理由なく応じなければ、より強制力のある「勧告」に切り替えられる。それでも従わない場合は病院名を公表できる。

奈良県は感染者を原則、病院か宿泊療養施設で受け入れており、自宅療養を認めていない。一方、専用病床の使用率は14日時点で68%に達している。

患者を受け入れている16の医療機関(計376床)のうち、民間病院は2病院(計10床)にとどまり、公立・公的病院が大半を占める。県はこれまでも民間病院に専用病床の確保を求めてきた。ただ、新型コロナ以外の患者の受診抑制につながることを危惧する民間病院が多く、確保は進んでいない。

奈良県では14日、1日として過去2番目に多い94人の新規感染者が確認された。直近1週間の人口10万人あたりの感染確認者は40人を超え、大阪府、兵庫県とともに多い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン