/

安倍氏銃撃 伯父「容疑者母、入会直後に2000万円献金」

(更新)

安倍晋三元首相が奈良市の街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、山上徹也容疑者(41)=殺人容疑で送検=の伯父が15日、報道各社の取材に応じ、「(容疑者の)母親が宗教に傾倒し、一家の生活は困窮していた」と明らかにした。母親は宗教団体「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」に1991年に入会したといい、「入会とともに約2000万円献金した」と説明。「破産後も献金を続けていた」と証言した。

奈良県警のこれまでの捜査では、山上容疑者の母親が同連合に傾倒していたことが、事件の背景として浮上している。同連合は母親は98年ごろに会員となったとしているが、伯父は入会時期は91年だったと話した。理由については「(容疑者の)父親が自ら命を絶ったことなどがきっかけだった」と述べた。

伯父によると、母親は91年の入会に際して約2000万円を、その数日後に3000万円を献金したという。これらの原資は亡くなった父親の生命保険金だった。不動産登記簿などによると、母親は祖父から相続した土地2カ所を99年にそれぞれ売却し、2002年に自己破産した。伯父は「母親の献金額は1億円を超える」と説明した。

山上容疑者には兄と妹がおり、一家の生活は苦しかった。山上容疑者は高校卒業後、経済難から大学に進学できず、伯父は専門学校に進む際の学費などを支援したという。

山上容疑者は02年に海上自衛隊に任期制自衛官として入隊したが、05年に自殺未遂を起こした。海上自衛隊の内部調査に対し、同容疑者は「旧統一教会によって人生と家族がめちゃくちゃになった」と説明したという。

県警の調べに対しても、山上容疑者は同連合への強い恨みが背景にあったという趣旨の供述をしている。親族側は母親の献金に関する資料などを捜査当局に任意提出。捜査当局は親族らから詳しく事情を聴くなどして、事件の動機について全容解明を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2022年7月8日午前11時半ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅近くの路上で発生した安倍晋三元首相銃撃事件。亡くなった安倍元首相の国葬が9月27日に日本武道館で行われます。首相経験者の国葬は1967年の吉田茂元首相以来、戦後2例目。最新ニュースや速報をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン