/

マスク姿で雪の壁満喫 アルペンルート全線開通

全線開通した立山黒部アルペンルートの雪壁の間を歩く人たち(15日午前、富山県立山町)=共同

北アルプスの立山連峰を貫き、富山と長野を結ぶ観光路「立山黒部アルペンルート」が15日、4カ月半ぶりに全線開通した。新型コロナウイルスの影響で昨年は中止となった、除雪でできた高さ15メートルもの雪壁の間を歩く「雪の大谷ウオーク」も開催。天候に恵まれ、スノーボードやカメラを携えた、多くのマスク姿の観光客が絶景を楽しんだ。

ルートは、バスの乗車人数を制限するなど新型コロナ対策を講じ、11月末まで営業する。

運営する「立山黒部貫光」(富山市)によると、今年は1971年の営業開始から50周年に当たる。ルートの最高地点で標高2450メートルの富山・室堂付近では、記念企画として、雪壁がそびえ立つ一部区間を開業当時と同じ1車線のみの除雪とし、両側から迫る雪壁の迫力を体感できるようにする。今年は平年より雪壁の高さがやや低いという。

静岡県掛川市から夫婦で訪れた笹間敏明さん(69)と由紀子さん(66)は「これほど高い雪の壁を間近で見られる機会はなかなかない。天気も良く、見応え十分だった」と笑顔で話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン