/

議事録開示求めNHK提訴 大学教授ら、かんぽ報道巡り

記者会見する原告の醍醐聡・東大名誉教授(中央)ら(14日、東京・霞が関の司法記者クラブ)=共同

かんぽ生命保険の不正販売報道を巡り、日本郵政グループから抗議を受けたNHK経営委員会が2018年、当時のNHK会長を厳重注意とした問題で、大学教授や元NHK職員ら約100人が14日、NHKに対し、関連する経営委の議事録開示を求めて東京地裁に提訴した。

記者会見した原告の醍醐聡・東大名誉教授は「報道に外部から圧力がかかり、続報が出ない間に不正販売の被害も拡大した。議事録の早急な開示を求めたい」と話した。NHKは「訴状の内容を確認し、対応を検討する」としている。

NHKが設置する第三者機関は20年5月と今年2月、全面的に「開示すべきだ」と答申した。NHKは「非公表を前提とした意見交換で、出席者との信頼関係を損なう」として概要だけを公開した。原告側は、NHKの情報公開に関する内規や放送法に基づき「遅滞なく議事録を公表する義務があるのに怠った」と主張している。

訴状によると、NHKは18年4月、番組「クローズアップ現代+(プラス)」で不正販売問題を報道した。その後、日本郵政グループから抗議があり、同10月の経営委で上田良一会長(当時)を厳重注意とした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン