/

クロスボウ原則所持禁止 改正銃刀法施行、許可制に

ボーガンとも呼ばれるクロスボウ(洋弓銃)の所持を原則禁止し、都道府県公安委員会の許可制とする改正銃刀法が15日、施行された。所持は射撃競技や動物麻酔などの使用目的に限られ、現所有者は施行日から半年以内に許可を申請するか、廃棄しなければならない。

許可を受けないと持っているだけで違法となり、不法所持や目的外使用には3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる。

兵庫県宝塚市で2020年6月、クロスボウで4人が殺傷された事件などを背景として規制が検討され、21年6月に改正法が成立した。

警察庁によると、全国の警察は21年からウェブサイトなどで改正内容の周知を始め、廃棄希望者から無償で回収を進めており、今年2月15日時点で計2391丁を引き取った。購入時の許可は必要なく、インターネット上でも入手が可能で、実際の所有者数や流通量は分かっていない。

クロスボウは、弓を取り付けたライフル銃のような形態で、弦を固定し、引き金を引いて矢を発射する。改正法は、人の命に危険を及ぼす威力があるものを規制対象としており、警察庁の調査で市販品のほとんどが該当した。

18歳未満は所持できず、許可は3年ごとに更新し、講習を義務付ける。販売業者も、購入者の許可証を確認しなければ販売できない。

クロスボウを使った事件の摘発は10~20年に37件。このうち殺人が4件、殺人未遂が6件あった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン