/

この記事は会員限定です

AIフォークリフトで入出荷を自動化 大和ハウスなど実験

[有料会員限定]

大和ハウス工業豊田自動織機など5社は、自動運転フォークリフトを活用して物流施設の入出荷作業を効率化する実証実験を始めた。人工知能(AI)を搭載したフォークリフトで荷物の積み下ろし作業を無人化する技術の確立を目指す。トラックの運行計画とも連動させて運転手の待機時間の削減にもつなげる。

実証実験には花王イオン傘下の物流会社のイオングローバルSCM(千葉市)、日立物流も参加する。大和ハウスがとりまとめ役となり、花王とイオングループの物流施設で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り379文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン