/

この記事は会員限定です

迫るまん延防止、制限範囲見極め 経済と両立にらむ

[有料会員限定]

変異した新型コロナウイルス「オミクロン型」の感染急拡大で、店舗の営業制限など対策を強化する「まん延防止等重点措置」が大都市圏に広がる可能性が高まった。医療提供体制の逼迫を避けるため、判断の基準となる病床使用率を公表する自治体も相次ぐ。感染力が強く重症化リスクが低いとされる同型の影響を極力抑え、経済活動と両立させる対策が必要だ。

15日は三重県の一見勝之知事が記者会見し、政府に重点措置を要請する検...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン