/

3Dプリンターの家、300万円で発売 新市場創るか

LBSローカルビジネスサテライト

航空・宇宙から医療器具まで、今では様々なものづくりの分野で活用されている3次元(3D)プリンター。兵庫県のベンチャー企業、セレンディクス(同県西宮市)は8月から、3Dプリンターで建てた住宅の販売を始める。愛知県に建てられた1棟目は球体のような特殊な形をしている。3Dプリンターだからこそできる形状だが、耐震性を備えるという。また、あらかじめプリンターでつくったパーツを組み合わせるため、約1日で建築可能。建材費や人件費を抑えることもでき、値段は300万円と車1台分並みの価格を実現した。「安い、早い、安全」をアピールする新たな住宅が日本で広がるのか注目される。

日本経済新聞社とテレビ大阪は6月23日、イベント「LBSザ・フォーラム」を大阪で開催します。「ローカル発、ニッポンの底力」をテーマに、地域ビジネスのリーダーらを招き、ローカル経済の可能性を議論します。LBSザ・フォーラムは大阪を第一弾として、愛知、福岡、札幌で順次開催していきます。

◇詳細・申し込み https://events.nikkei.co.jp/48658/(参加無料、事前登録制。応募者多数の場合は抽選)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞とTXN系列5局(テレビ大阪、テレビ愛知、TVQ九州放送、テレビ北海道、テレビせとうち)による動画コンテンツ「LBSローカルビジネスサテライト」。躍動する地域経済と地方企業の取れたてニュース・トレンドを各地のリレー方式で発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン