/

この記事は会員限定です

鉄道の保線作業、人型ロボにお任せ 人機一体が試作機

[有料会員限定]

立命館大学発のスタートアップ、人機一体(滋賀県草津市)はJR西日本日本信号と共同で人型重機(ロボット)の試作機を開発した。人員不足や夜間の重労働に悩まされる保線作業などでの活用を想定している。操縦者の繊細な動きを光ファイバーを通してロボットの腕や指が再現するのが特長で、作業効率の大幅なアップが期待できる。

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)で実用機の公開をめざす。完成した試作機は人の上半身の形で、首や腕、指に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1049文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン