/

この記事は会員限定です

安倍元首相襲撃、容疑者「所持金減り犯行決断」

[有料会員限定]

安倍晋三元首相が奈良市の街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、無職、山上徹也容疑者(41)=殺人容疑で送検=が「所持金が減った。死ぬかもしれないと思い、銃撃計画の実行を決めた」という趣旨の供述をしていることが16日、捜査関係者への取材で分かった。奈良県警は、同容疑者が勤務先を退職後に生活に行き詰まって不安が募り、襲撃を具体化させた可能性があるとみて詳しい経緯を調べている。

捜査関係者などによると、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2022年7月8日午前11時半ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅近くの路上で発生した安倍晋三元首相銃撃事件。亡くなった安倍元首相の国葬が9月27日に日本武道館で行われます。首相経験者の国葬は1967年の吉田茂元首相以来、戦後2例目。最新ニュースや速報をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン