/

この記事は会員限定です

ディープ産駒最終世代が新馬戦快勝 海外で重賞勝利も

[有料会員限定]

2019年に生涯を終えた種牡馬、ディープインパクトが残した産駒の最終世代がレースで好発進した。中京競馬場で11日、オープンファイア(牡2、栗東・斉藤崇史厩舎)が最終世代として初めて中央競馬のレースに出走し、快勝。海外では重賞を勝つ馬も現れた。20年生まれの最終世代のうち、国内で血統登録されたのはわずかに6頭。数は少ないながらも父の高い能力を受け継ぎ、早くも好レースをみせている。

オープンファイア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り826文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン