/

クボタの21年1~3月期、純利益2.5倍の520億円

クボタが14日発表した2021年1~3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比2.5倍の520億円だった。前年同期にあった部品調達停滞に伴う一時的な減産影響がなくなったことに加え、国内外での建機や農機販売が伸びた。

売上高は22%増の5376億円、営業利益は2.6倍の777億円だった。米国では新型コロナウイルス禍で郊外移住者が増え、住宅需要を背景に小型の建機が好調だったほか、庭園の管理に使う富裕層向けの小型トラクターの需要も旺盛だった。

欧州ではコロナ感染拡大で停止していたディーラーの営業が再開したことで、トラクターと建機販売が回復した。タイでも政府の農産物の価格安定政策などで販売が増えた。国内では消費増税後の販売低迷からの回復や、国の補助金などで農家の投資意欲が高まったことが寄与した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン