/

タピオカ超える? 飲むわらび餅、作りたて5分の口溶け

LBSローカルビジネスサテライト

大阪・堺筋本町に毎朝のように行列ができるわらび餅店がある。出てくる人が手にしているのは「わらびもちはのみものです。」と名付けられた商品。5分以上放置すると溶けて食感が失われてしまう、持ち帰り不可能なドリンクだ。店主の濱田一信さんが若い人にも知ってもらおうといろいろと試すなか、タピオカに着想を得てドリンクを2019年に始め、コンビニエンスストアなどにも広がっていった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞とTXN系列5局(テレビ大阪、テレビ愛知、TVQ九州放送、テレビ北海道、テレビせとうち)による動画コンテンツ「LBSローカルビジネスサテライト」。躍動する地域経済と地方企業の取れたてニュース・トレンドを各地のリレー方式で発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン