/

この記事は会員限定です

関西電力、燃料計画の作成時間9割減 まず石炭火力用

[有料会員限定]

関西電力と人工知能(AI)サービスのアルゴ・アーティス(東京・千代田)は、石炭火力発電所向けに燃料運用計画を短時間で自動作成できるシステムを開発した。熟練技術者が策定する従来の方法より9割以上短い15分以内で完成できる。船便の遅れなど調達状況の変化に対して計画を柔軟に変更できるようにする。

関電の舞鶴発電所(京都府舞鶴市)で17日から本格運用を始めた。同発電所では品質の異なる約50種類の輸入石炭...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン