/

兵庫県立大、医工連携の研究所 2022年4月に開設

兵庫県立大学は医療関連機器の研究開発を手がける「先端医療工学研究所(仮称)」を同県姫路市で2022年4月に開設する。JR姫路駅近くに新設される県立はりま姫路総合医療センター内に設ける。専任の教員を2人採用し、3Dプリンターや分析装置など機器の導入費に約2億円を投じた。医療分野を中心とする研究開発を医工連携で加速させる。

病院内に研究室を置くことで研究者がレントゲンや磁気共鳴画像装置(MRI)などのデータを取得しやすくなり、研究開発に生かせるとみる。高齢者の骨折を人工知能(AI)が判別する医療機器やリハビリの評価システムの開発などを進める予定。太田勲学長は記者会見で「臨床現場の声を研究者が生かせる意義は大きい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン