/

ダイハツ、工場停止を再延長 8~9月は3割減産に

ダイハツは工場停止期間を再度延長する(大分県中津市の工場)

ダイハツ工業は14日、国内の工場の稼働停止を延べ14日延長すると発表した。6日にも延長を発表しており、減産台数は8~9月に約5万台にのぼる。減産幅は前年の同期間の生産台数と比べると32%となる。新型コロナウイルスの感染拡大でベトナムで移動制限措置などが延長され、自動車部品の調達が滞っている。

9月の停止期間を本社工場(大阪府池田市)は計8日、ダイハツ九州(大分県中津市)の工場は計6日延長する。10月以降の工場稼働は未定。親会社のトヨタ自動車は10月の世界生産を従来計画から4割減らすと明らかにしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン