/

この記事は会員限定です

大阪府議が出前授業 10代投票率のカギ握る学校教育

データで読む地域再生

[有料会員限定]

関西でも若者の投票率向上を目指し、自治体が学校との連携に力を入れている。大阪府は府議会議員を講師役にした出前授業で、投票に行くことの大切さをわかりやすく伝える取り組みを続けている。関西2府4県で10代の投票率が全国平均を上回るのは滋賀県と奈良県だけ。政治参加の意識を育む教育は重要との認識が、自治体の間で広がっている。

「みなさんの教室のエアコンも、府議会で議論して設置が決まるのです」。講師役の府議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1364文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン