/

この記事は会員限定です

トヨタ・JERA、車載電池再利用で目指す「神戸モデル」

[有料会員限定]

トヨタ自動車やJERAなどが神戸市を舞台に使用済み車載電池を連結して大型蓄電システムに再利用する試みを本格化させる。電池関連企業が集積する関西の利便性を生かすほか、神戸市が実証実験に協力する。電気自動車(EV)などの普及で将来は使用済み電池の大量発生が予想されることから、「リユース・リサイクルの神戸モデル」の発信を目指す。

神戸市西区にある神戸製鋼所グループの拠点内で2021年夏に始まった実証実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1175文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン