/

この記事は会員限定です

EV、関西でも熱視線 観光利用やガソリン車電動化

データで読む地域再生

[有料会員限定]

環境意識の高まりを背景に、関西でも電気自動車(EV)への関心が広がる。京都や滋賀ではEVの魅力を伝えようと、体験イベントの開催や観光地での活用を進める。兵庫県姫路市の民間企業はガソリン車をEVに改造する事業を始め、愛車に乗り続けたいオーナーに人気だ。今後、地域の足として定着するか、充電インフラ整備などの課題解決がカギを握る。

公用車を更新する際に次世代自動車を導入する方針を掲げる京都市では、小学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1646文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン