/

大阪市長がワクチン接種 大規模会場の予約空き枠で

大阪市の松井一郎市長は14日、新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた。市が国際展示場「インテックス大阪」(同市住之江区)に開設した大規模接種会場の予約の空き枠を利用した。市の関係者への取材で分かった。

市の大規模接種会場は、65歳以上の市民を対象とした14~20日の約2万4000人分の予約枠のうち、6割が埋まっていない。市は同会場に空きが出た場合、市の職員と教職員らにも接種してもらう方針で、松井氏も接種を受ける考えを表明していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン