/

鈍器で高齢女性殺害疑い、自首の大学生逮捕 佐賀県警

(更新)
女性が倒れていたとみられる現場付近(14日午前、佐賀県鳥栖市)=共同

鈍器で高齢女性を殴り殺害したとして、佐賀県警は14日、長崎市中園町の長崎大4年、山口鴻志容疑者(25)を殺人の疑いで逮捕した。捜査関係者によると、2人に面識はなく「殺せる人を探していた」という趣旨の供述をしている。13日午後0時半ごろ、大分県警大分中央署に自首していた。

逮捕容疑は10日午後1時すぎ、佐賀県鳥栖市酒井東町の住宅敷地で無職、大塚千種さん(79)の頭部を複数回殴り、外傷性くも膜下出血による脳機能障害で殺害した疑い。県警によると、殴ったことを認め「殺してしまうかもしれないと思ったが、確定的な殺意はなかった」と供述している。

県警によると、大塚さんは自宅隣の親類の家で除草作業をしていた。「ぎゃー」という叫び声を聞いて駆け付けた近隣住民が、頭から血を流している大塚さんを発見し119番した。県警は司法解剖するなどして事件と事故の両面で調べていた。

山口容疑者は「とんでもないことをしてしまった」とも話している。自首した際に所持していたリュック内には柄が37~38センチ、金属部分の長さが約12センチのハンマーがあった。

長崎大は14日、山口容疑者が薬学部の学生だと明らかにした上で「誠に遺憾だ。関係者に深くおわびする」とコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン