/

この記事は会員限定です

広島、77回目の原爆の日 世代や国超え被爆伝承

(更新) [有料会員限定]

広島は6日、77回目の「原爆の日」を迎えた。主要7カ国首脳会議(G7サミット)を2023年に控え、被爆地への国際的な関心の高まりが期待される。当時を知る人々が少なくなるなか、求められるのは惨禍の記憶や受け継いだ体験を発信できる人材。地元では中学生や海外出身者らが世代や国を超え、平和への決意を世界に伝える一歩を踏み出している。

「War creates nothing(戦争は何も生まない)」「I ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン