/

この記事は会員限定です

兵庫どぶろく、和歌山ウメ 「酒特区」故郷の味を商品化

データで読む地域再生

[有料会員限定]

関西では酒造のハードルを下げる国の特区制度を活用して農家などがつくる製品を地域内外に拡販する取り組みが広がる。兵庫県ではコメ、和歌山県ではウメなどの果実を原料にし、ブランディングの徹底や派生商品の開発など様々な工夫を凝らして女性や普段アルコールを飲まない人も取り込み始めた。

「こんな芳醇(ほうじゅん)な梅酒は初めて。これ買います」――。5月下旬の日曜午後。東京都内で開かれた地方の特産品を紹介する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1656文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン