/

この記事は会員限定です

京都のものづくり企業 際立つ競争力、コロナ禍で底力

京都経済特集

[有料会員限定]

京都の製造業の業績が好調だ。村田製作所日本電産などものづくりの有力企業は自動車の電動化と半導体の増産という2つの巨大市場向けに製品を投入。2021年度の決算では各社が相次ぎ、過去最高の売上高や純利益を達成した。新型コロナウイルス禍などによる事業環境の変化に左右されない、ものづくりの強さが際立つ。

電気自動車(EV)への転換、先進運転支援システム(ADAS)の導入などによる電装化が加速する自動車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン