/

この記事は会員限定です

マグロなど高級魚、培養肉に 米新興が22年に発売

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

マグロやクエといった高級魚などの水産資源を細胞培養でつくる「培養魚肉」が2022年に実用化する。米スタートアップのブルーナルがクロマグロの培養魚肉を米国で発売する。価格は天然と同程度になる見込みだ。乱獲と人口増で消費量が増え、持続可能性の危機にある水産資源を補う食料源として期待を集める。

世界の水産資源の消費量は増えている。国連食糧農業機関(FAO)や水産庁の資料によると、魚介類の消費量は2000...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン