/

「うちわ会食」に異論 神戸市が県に配布取りやめ要請

神戸市は13日、飲食店での新型コロナウイルス対策として兵庫県が提唱した「うちわ会食」をめぐり、市内の店舗へのうちわの配布を取りやめるよう県に要請したと発表した。井戸敏三県知事が9日の記者会見でうちわ会食を呼びかけ、「まん延防止等重点措置」の対象となった神戸など4市の約1万6千店に、計32万本を配るとしていた。

市は「食事中にうちわを使用することによる飛沫感染の防止効果が検証不十分である」と主張。「うちわを使って食事することが安全であるとのメッセージを与えかねず、かえって感染の危険性を高める可能性がある」として、市民に「食事中に会話をする時は1メートル以上の距離をとる」「斜めに座る。横に並ぶ場合は1つ席を空ける」「大声を出さない」の3点の徹底を呼びかけた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン