/

ワクチン普及後の県内旅行・宿泊支援 兵庫の9月補正

兵庫県は14日、一般会計で1526億円となる2021年度9月補正予算案を発表した。新型コロナウイルスワクチン接種の普及後をにらんだ経済対策として県内の旅行・宿泊業支援に7億3700万円を計上した。新型コロナの専用病床の確保など感染拡大防止策に1225億円をあてる。若者のワクチン接種促進のためポイント付与のキャンペーンも実施する。

県内観光の支援策として、県民の県内旅行・宿泊に1人1泊あたり最大5000円の割引支援や同最大2000円のクーポン券を配布する独自のキャンペーンを実施する。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除され、県内のワクチン接種率が60%以上になるのが条件。ワクチン接種を終えていない県民は同居人との少人数旅行などに利用方法を限定する。

県は6月補正でも同じ枠組みの支援策に55億円を計上しているが、感染状況の指標が国のステージ2相当以下に沈静化するのが条件のため、まだ実施に至っていない。今回の支援策は仮に指標の一部がステージ2以下でなくても県で可能と判断すれば先行実施し、今後の観光産業の本格回復につなげていく。

若者のワクチン接種を後押しするため、2回の接種を終えた県内在住・在学の18歳以上の学生を対象に2000円相当のポイントを付与する施策に1億1200万円を計上した。県内の10~20歳代で2回の接種を終えたのは11日時点で14.2%にとどまっており、インセンティブ策で若者の接種を後押しして県内の感染拡大防止につなげる。

記者会見で斎藤元彦知事は観光支援策について「観光業界の経営環境は厳しく、地元の中小事業者や旅館・ホテルが直接恩恵を受けられるようにしたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン